So-net無料ブログ作成
検索選択
阿房自転車弄り ブログトップ

やはり後ろも照らしましょうか [阿房自転車弄り]

ひょんなことからキャットアイのJOS FCMタイプのコピーモデルを手に入れたのでございます.

一旦はノートンのリフレクターで締めた後尾灯, これはこれで自分的には気に入っていますが, 矢張りランドナーの後ろであれば光らせてみたいと思うのが些か草臥れた自転車乗りの密かな願望でございます. 後尾灯の点灯に関しては依然配線の内蔵工作の問題もあって, 悩ましい問題でしたが, ちょっと視点を変えてバッテリー駆動で光らせてみてはどうかと思い立ったが吉日なのでございます.

バッテリー駆動となると問題となるのが, バッテリーの配置とスイッチの加工です. 出来れば表側から見たときにスイッチが見えるのはあまり好ましくありません. また, バッテリーを後尾灯の中に内蔵するとなると, 交換する時にちょっと面倒でこれも好ましくありません. 理想はライト部は豆電球替りにソケットに装着出来て, バッテリー部はボタン電池の薄型のタイプで泥除けの中の隙間に装着して交換が可能であれば理想, などと妄想してみました. 勿論, 手先がそんなに器用でない自分にとっては複雑な加工を要するようなもはごめん被りたいですし, 特殊加工で値が張るようなこともなるべくなら避けたいのであります. 世の中にそんな都合の良いようなライトがあれば苦労しない訳ですが, たまたま100円ショップをぶらぶらしていたら, ちょっと加工すれば使えそうなLEDライトを発見したのでございます. 世の中まだまだ見捨てたものではございません.

_DSC0328.jpg
こんなに買わなくても良いが, 加工を失敗した時のまとめ買い&交換用電池の買いだめ用

さて, これをライト部とバッテリー部に切断, ライトの部分はヤスリ掛けして少し口径を小さくすると上手い具合に元々付いていた豆電球のソケットにはまります.

バッテリー部は泥除けの裏側に装着しました. バッテリー部はスイッチも兼ねているので, 後尾灯をの点灯/消灯は泥除けの裏側のスイッチで操作するようにしてみました. 耐久性や泥詰まりの問題が発生する可能性もありますが, そもそも雨が降っている時はあまり走らないつもりですし, これでちょっと耐久テストをしてみたいと思うのでございます.

_DSC0323.jpg
まぁ, 悪くない感じ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

磨く!磨く! [阿房自転車弄り]

レストアなんざに手を染めてみよう, そう思い立ったが吉日でございます.

41935.jpg
しかし中々凄い逸品(苦笑)

ちょっと前にオークションをみていたら破格の値段でMAFACのブレーキレバーが出品されておりました. 穴開きレバーで且つハーフパッドが適合しそうなMAFACのブレーキレバーなんて中々見掛けないので早速確保してみました.

届いて見ると実際は写真で見るよりも状態は遥かに悪いように思えます. 泥油まみれでレバーを動かす度にじゃりじゃり音が鳴って可動部分はスムーズ動かないし, 感触としては歪んでいるようにも見受けられます. この辺は仏蘭西クオリティの場合, 製造工程で傷がついたり, 精度が出ていなかったりというは日常茶飯事なので, 新品の状態でどの位の程度のものだったのか良く判らない部分もございます.

こういった俗に云うジャンク品を見て, 気分が萎えるタイプか, 戦闘意欲を掻立てられるタイプかといえば, わたくしは後者でございます. 取り敢えず100番台のペーパーからかけ始めて, 最後はピカールで磨くという方向性で始めてみました. 状態は少し良くなったようにも感じましたが, コーティングされているようなところが奇麗に剥離出来ていないし, 内部の汚れも綺麗に取れていないので, 作戦を変更してみます. まず, 灯油に漬けて汚れを取ってから, ナイロン→青棒という手段でグラインダーをかけてみる事に. 大雑把には奇麗になったようですが, 今度はグラインダーで付いた傷が目立つようです. この為に色々な研磨剤を買い込んでみたのですが, 結局紙やすりを水で研いで焦らずチマチマと約一日掛けて研磨したのでございます.

結果
100620.jpg


<忘備録>
・ 大きな傷は100番台で削り取る
・ アルマイトの剥離は240番~320番位が一番捗る
・ 鏡面加工をしなければ600番位までかけてピカールで磨けば自己満足
・ 何だかんだで, 結局手で水研ぎしながら磨くのが一番良い結果のようだ

この手の作業は, 結果を急がないのが吉とみたのでございます.

※ この手のレポートは途中途中で写真を入れるのが正しい作法でしょうが, 一旦夢中になると視野狭窄になって中々記録を取る処迄気が回らないのでご容赦願いたいのでございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

サドルのお話 [阿房自転車弄り]

直接身体が触れる部分のパーツ選択は, 快適さを考える上で必要以上に拘りたいものでございます.

さて, 今回の話はサドルでございます. 元々付いていた藤田のサドルは駱駝色のバックスキンに表皮を纏いやる気があるのかないのか定かでない野暮ったさがあり, 見た目的には結構好きだったのですが, 通勤は兎も角, 長距離を走るにはちょっと厳しいことがテストの結果判明しました.

実は今までの自転車道楽の中ではサドルに求めていた方向性はあくまで軽量化であり, 心地よさというのは殆ど求めたことはなかっのでした. なので, お尻とサドルの間柄というのは, この道楽を始めて今までベストな関係がなかった訳でございます. なので, 今回はここに初めて焦点を当ててみようかと思います.

色々な知識を聞きかじってみますと, どうやら「革サドル」が快適に長く使えそうな気がしてきました. そしてお仏蘭西, つまりはイデアルなんかは如何ですか?と彼方なる叡智が囁いてくれている気がします. 「何故仏蘭西なんですか?」, 「何故イデアルなんですか?」, 「ブルックスやフジタじゃダメなんですか?」などと当世事業仕分け風味な意見がもある事も判っております. しかし, 自分にとってあれらは完璧すぎるのでございます. 理詰めで詰めすぎたパーツで着飾っては道楽の楽しみがなくなるではないか!という訳でございます.

で, イデアル. KING OF IDEALEの57などに強く心を惹かれるものも確かにあるのですが, 張り切過ぎるのもコンセプトに合わないし, 何も知らないところから自分なりに新しいサドルを卸して育てながらノウハウを吸収してみたいという気持ちもあります. そんな中, オークションで新品のIDEALE43が即決であったので, ポチッと. サドルに関しては寸法を明記されても今ひとつ大きさのイメージが湧かないのですが, 多分小型でそこそこ幅広なタイプだろう位に思って到着を待っていたのでございます.

実際届いてみますと, 藤田のサドルと高さ以外はあまり変らない寸法で, 裏側も丁寧な二枚革, 刻印も手抜きなしのタイプとなっており, 古き可き仏蘭西の世界にやられましたという感じでございます. しかもヤグラがなんとFT刻印のタイプ(つまりは50年代前半)という嬉しいおまけ付きでありました.

ideale43record.jpg
やぼったさと品が絶妙な感じ

装着して乗ってみた初革サドル. 事前に調べた情報通り確かにスベりやすいのが今までのサドルと大きく違うところでございます. . が, 堅さは思っていたよりは気にならず, 慣らして行けば中々良さそうな感じに仕上がりそうな手応えを感じたのでございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

魅惑の魔女 [阿房自転車弄り]

自転車パーツの顔は?と聞かれたらなんと答えるでしょうか.

人それぞれで変ってくるかとは思いますが, ディレーラーセット, クランクセット, ブレーキセット辺りで思い入れの強いものを顔とする場合が多いのではないでしょうか. 自分の場合はリアディレーラーに一番思い入れがありますので, 自転車を見る場合, 最初にリアディレーラーを見てしまいます. つまりここが自転車パーツの顔と思う訳でございます.

70~80年代初頭のパーツの大部分は大概舶来品のそれと見た目の区別がつかないコピーモデルが氾濫していました. ところが, スポーツタイプの自転車のリアディレーラーだけは事情が異なっており, 舶来品は縦メカタイプのリアディレーラーだったのに対し, 国産のスポーツタイプのディレーラーは横メカでした. これは, 子供心に「いつかは縦メカ」という憧れにも似た気持ちがあった季節の話なのです. 悲しい哉, 大人になっていざ自転車を組もうなると, 縦メカのリアディレーラーは既に絶滅危惧種となり, 全てがシステマティックで融通の利かないコンポーネントパーツに変ってしまっていたのであります.

という訳で, 「いつかは縦メカ」の「いつか」は「今」を於いて他ない訳です. そしてその中でも憧れたのが, 異様に華奢で艶めかしいオーラを纏った仏蘭西のアレでございます. 勿論ディレーラーにも厳密な階級社会というのは存在するのは判っており, エルスでもサンジェでもない我がランドナーは, いわゆる一般階級のランドナーであります. ですが, 付けたいものは付けたいのでございます(笑). しかも頭でっかちな自分自身を納得させる理由とともに. つまりは革命的で自由を愛する気風を持った国のパーツを付けるのに何の制約があろうかという言い訳でございます.

huret.jpg
この艶かさに幾多の男が虜にされたことだろうか

こうやって色々言い訳を作って外堀を埋めて装着してみましたが, やはりオーラが違うのには恐れ入ります. 一発で他のパーツを陳腐化させる魔力, 悪女の仏蘭西パーツとはよくぞ言ったものだと感心した次第です. さてさて, これからこの魔女に併せたドレス(パーツ交換)がまたまた悩ましい問題となってきそうな雰囲気でございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

後尾灯夜話 [阿房自転車弄り]

好い年の紳士が三人も集まれば, ○○○のケツの話になる. 上品にその手に話をするのがエスプリというもの… という考えはいかがでしょうか.

2545.jpg

冗談はさておき, 自転車のケツ, つまりはリフレクターの話でございます.

この自転車のリフレクターは, BSのロードマン等で良く知られている楕円タイプの軽合金のものが付いていおりました. 今時珍しい軽合金で, 昔はかなりのランドナーの後部にこれが付けられてあったのも事実です. これがランドナーに相応しいと思う向きも数多おられるでしょう. しかしランドナーであれば, 後尾灯を灯したいのであります.

デザイン的には幼少の頃に洗脳されたBSユーラシアタイプの後部が, 真っ先に思いつきました. しかし, これはオークションにもあまり出てこない上に法外な値段で落札されるのが常であります. しかも経年変化でリフレクター部分のプラスチッキーな質感が目立つものも多く, 美的感覚が醸成されつつ変化した今の自分にとっては, あの頃ときめいた後尾灯の感動と同質のものでなくなっています. 同窓会でクラスで人気だった男の子/女の子に久しぶりに出逢ったら… (以下略)と云う話とまったく同じ感情ですございます.

後尾灯付きリフレクターでデザインが秀逸なとはどのようなものでしょうか?スポーツするテールは丸形. これに関して異論は認めません. 三角や四角のテールはスポーツではありませんから. その上に控え目に後尾灯が灯るのが, 正しくも美しいランドナーの後ろ姿ではないかと思う訳です.

結局JOSのFCMタイプがベストではあるものの, こちらも値段の高騰振りが法外な上, イクラタイプのガラスリフレクターはあまり頑張らないという基本コンセプトからも外れるということで却下. 国産のコピーモデルは逆に玉数が少なく, 探すのに一苦労します.

実は後尾灯付きリフレクターの問題はパーツ側だけでなく, 取り付ける自転車側にもありました. ダイナモから前照灯までのフレーム内蔵配線がなんと今時珍しく, シートスティを下ってチェーンスティを経由してダウンチューブに配線されてる仕様なのです. マスプロ車並みにシートスティを上って泥よけ経由で配線されるのであれば, 素人でもなんとかなりそうな気もするのですが, このタイプの後尾灯用の配線をするとなると手強い事が想定されます.

1cbf.jpg

結果, 暫定的ではあるが結論が出るまでは後尾灯なしのままとしてみました. ですが, 楕円形は許容出来ませんでしたので, 取り敢えずではあるものの, 円形リフレクターを採用することにしてみました. ノートンの倉庫に眠っていたもののようで, 大きさもシンプルなデザインも申し分ありません. ランドナーとしては, 些か疑問の残る後ろ姿という意見もあるのは承知の上で, 伝統的な格言,

スポーツカーのケツ(後尾灯)は小さくて丸いものだろう」

今回はこれに従う事とします.

41911.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ブレーキを変えてみましょうか [阿房自転車弄り]

この自転車のブレーキは元々DIA-COMPEの960が付いていたのでございます.

美的感覚というものは長い間色々な事を通じて, 受け入れもしくは拒絶され, 醸成されながら形造られて往くものだと思っております. ところがわたくしのブレーキに関しての美的感覚ばかりは, 何故か幼少期に刷り込まれたまま, 今になっても覆すに至らないようです. 有り体に言えばワイヤーアームはブレーキシューの固定部分から伸びるのではなく, 台座から直線的に伸びていてた方が美しいと思う嗜好のようでございます.

つまり, わたくしの美的感覚に沿うようにブレーキを改変するとなれば, 当時の多くの自転車乗りが選んだもう一つの選択肢, MAFACをチョイスすることになります.

ここで少し問題が発生. 自分の所有しているMAFACは"CRITERIUM"ではく, "CYCLOMOTEUR"という少しばかりブレーキシューの長いタイプの為, リア側はぎりぎりで入ったものの, フロント側はフォークに干渉して取り付けられません. 元々ブレーキの利かなさでは定評のあるMAFACのブレーキです. 交換する時点でシューの交換は既定路線ですので, 暫定的に汎用のブレーキシューを付けてみました. MAFACのブレーキは, アタリの調整をするのにそれなりの技術を要します. 無論そのようなスキルのない自分は調整を失敗したら目も当てられません.

ブレーキのアタリが出るまでスピードは出さないという消極的な策を取ることにしてみたいと思います.

100430-2.jpg
ブレーキシューまで純正は流石に怖い

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

届いたランドナーを組み立ててみました [阿房自転車弄り]

syoki.jpg

日常の雑事に追われて中々受け取ることが出来なかった自転車がようやく届いたのでございます.

早速, 梱包を開て組み立ててみます. 自転車を組み立てるなんて何十年ぶりの事でしょうか?意外に昔取った杵柄でスムーズに組みあがっていきます. 流石元自転車屋でございます(自画自賛).

組みあがった自転車を改めて眺めてみますと, 一風変わった自転車だという感じです. フレームに関して言えば, ラグは結構上品なイタリアンカットラグで, チェーンガードは直付, 電源コードの内蔵工作も丁寧な作りになっています. 反面, フォークの曲げやエンドとパイプの接合部分, パイピングの補強が入っていない所, さらにケーブルの取り回しが一風変っていたり, シフトレバーがバンド式になっていたりと, ラフな部分も垣間見えます. 70年代後半のちょっとした工房が, 廉価版のランドナーのフレームを作ってみましたといった感じでしょうか. パーツ構成は元々判っていたことですが, こちらも70年代後半のパーツをかき集めたパーツ構成となっており, 伝統的なデザインで作られたパーツ群の最後の煌きといった趣きでございます.

無論, このまま使っても何の問題もないのですが, 幼少期に憧れていたパーツに付け替えてさらに自己満足の世界へ浸っていきたいと思っております.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
阿房自転車弄り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。