So-net無料ブログ作成
検索選択

やはり後ろも照らしましょうか [阿房自転車弄り]

ひょんなことからキャットアイのJOS FCMタイプのコピーモデルを手に入れたのでございます.

一旦はノートンのリフレクターで締めた後尾灯, これはこれで自分的には気に入っていますが, 矢張りランドナーの後ろであれば光らせてみたいと思うのが些か草臥れた自転車乗りの密かな願望でございます. 後尾灯の点灯に関しては依然配線の内蔵工作の問題もあって, 悩ましい問題でしたが, ちょっと視点を変えてバッテリー駆動で光らせてみてはどうかと思い立ったが吉日なのでございます.

バッテリー駆動となると問題となるのが, バッテリーの配置とスイッチの加工です. 出来れば表側から見たときにスイッチが見えるのはあまり好ましくありません. また, バッテリーを後尾灯の中に内蔵するとなると, 交換する時にちょっと面倒でこれも好ましくありません. 理想はライト部は豆電球替りにソケットに装着出来て, バッテリー部はボタン電池の薄型のタイプで泥除けの中の隙間に装着して交換が可能であれば理想, などと妄想してみました. 勿論, 手先がそんなに器用でない自分にとっては複雑な加工を要するようなもはごめん被りたいですし, 特殊加工で値が張るようなこともなるべくなら避けたいのであります. 世の中にそんな都合の良いようなライトがあれば苦労しない訳ですが, たまたま100円ショップをぶらぶらしていたら, ちょっと加工すれば使えそうなLEDライトを発見したのでございます. 世の中まだまだ見捨てたものではございません.

_DSC0328.jpg
こんなに買わなくても良いが, 加工を失敗した時のまとめ買い&交換用電池の買いだめ用

さて, これをライト部とバッテリー部に切断, ライトの部分はヤスリ掛けして少し口径を小さくすると上手い具合に元々付いていた豆電球のソケットにはまります.

バッテリー部は泥除けの裏側に装着しました. バッテリー部はスイッチも兼ねているので, 後尾灯をの点灯/消灯は泥除けの裏側のスイッチで操作するようにしてみました. 耐久性や泥詰まりの問題が発生する可能性もありますが, そもそも雨が降っている時はあまり走らないつもりですし, これでちょっと耐久テストをしてみたいと思うのでございます.

_DSC0323.jpg
まぁ, 悪くない感じ

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

磨く!磨く! [阿房自転車弄り]

レストアなんざに手を染めてみよう, そう思い立ったが吉日でございます.

41935.jpg
しかし中々凄い逸品(苦笑)

ちょっと前にオークションをみていたら破格の値段でMAFACのブレーキレバーが出品されておりました. 穴開きレバーで且つハーフパッドが適合しそうなMAFACのブレーキレバーなんて中々見掛けないので早速確保してみました.

届いて見ると実際は写真で見るよりも状態は遥かに悪いように思えます. 泥油まみれでレバーを動かす度にじゃりじゃり音が鳴って可動部分はスムーズ動かないし, 感触としては歪んでいるようにも見受けられます. この辺は仏蘭西クオリティの場合, 製造工程で傷がついたり, 精度が出ていなかったりというは日常茶飯事なので, 新品の状態でどの位の程度のものだったのか良く判らない部分もございます.

こういった俗に云うジャンク品を見て, 気分が萎えるタイプか, 戦闘意欲を掻立てられるタイプかといえば, わたくしは後者でございます. 取り敢えず100番台のペーパーからかけ始めて, 最後はピカールで磨くという方向性で始めてみました. 状態は少し良くなったようにも感じましたが, コーティングされているようなところが奇麗に剥離出来ていないし, 内部の汚れも綺麗に取れていないので, 作戦を変更してみます. まず, 灯油に漬けて汚れを取ってから, ナイロン→青棒という手段でグラインダーをかけてみる事に. 大雑把には奇麗になったようですが, 今度はグラインダーで付いた傷が目立つようです. この為に色々な研磨剤を買い込んでみたのですが, 結局紙やすりを水で研いで焦らずチマチマと約一日掛けて研磨したのでございます.

結果
100620.jpg


<忘備録>
・ 大きな傷は100番台で削り取る
・ アルマイトの剥離は240番~320番位が一番捗る
・ 鏡面加工をしなければ600番位までかけてピカールで磨けば自己満足
・ 何だかんだで, 結局手で水研ぎしながら磨くのが一番良い結果のようだ

この手の作業は, 結果を急がないのが吉とみたのでございます.

※ この手のレポートは途中途中で写真を入れるのが正しい作法でしょうが, 一旦夢中になると視野狭窄になって中々記録を取る処迄気が回らないのでご容赦願いたいのでございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

サドルのお話 [阿房自転車弄り]

直接身体が触れる部分のパーツ選択は, 快適さを考える上で必要以上に拘りたいものでございます.

さて, 今回の話はサドルでございます. 元々付いていた藤田のサドルは駱駝色のバックスキンに表皮を纏いやる気があるのかないのか定かでない野暮ったさがあり, 見た目的には結構好きだったのですが, 通勤は兎も角, 長距離を走るにはちょっと厳しいことがテストの結果判明しました.

実は今までの自転車道楽の中ではサドルに求めていた方向性はあくまで軽量化であり, 心地よさというのは殆ど求めたことはなかっのでした. なので, お尻とサドルの間柄というのは, この道楽を始めて今までベストな関係がなかった訳でございます. なので, 今回はここに初めて焦点を当ててみようかと思います.

色々な知識を聞きかじってみますと, どうやら「革サドル」が快適に長く使えそうな気がしてきました. そしてお仏蘭西, つまりはイデアルなんかは如何ですか?と彼方なる叡智が囁いてくれている気がします. 「何故仏蘭西なんですか?」, 「何故イデアルなんですか?」, 「ブルックスやフジタじゃダメなんですか?」などと当世事業仕分け風味な意見がもある事も判っております. しかし, 自分にとってあれらは完璧すぎるのでございます. 理詰めで詰めすぎたパーツで着飾っては道楽の楽しみがなくなるではないか!という訳でございます.

で, イデアル. KING OF IDEALEの57などに強く心を惹かれるものも確かにあるのですが, 張り切過ぎるのもコンセプトに合わないし, 何も知らないところから自分なりに新しいサドルを卸して育てながらノウハウを吸収してみたいという気持ちもあります. そんな中, オークションで新品のIDEALE43が即決であったので, ポチッと. サドルに関しては寸法を明記されても今ひとつ大きさのイメージが湧かないのですが, 多分小型でそこそこ幅広なタイプだろう位に思って到着を待っていたのでございます.

実際届いてみますと, 藤田のサドルと高さ以外はあまり変らない寸法で, 裏側も丁寧な二枚革, 刻印も手抜きなしのタイプとなっており, 古き可き仏蘭西の世界にやられましたという感じでございます. しかもヤグラがなんとFT刻印のタイプ(つまりは50年代前半)という嬉しいおまけ付きでありました.

ideale43record.jpg
やぼったさと品が絶妙な感じ

装着して乗ってみた初革サドル. 事前に調べた情報通り確かにスベりやすいのが今までのサドルと大きく違うところでございます. . が, 堅さは思っていたよりは気にならず, 慣らして行けば中々良さそうな感じに仕上がりそうな手応えを感じたのでございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

テストも兼ねて第二弾 [小阿房自転車の旅]

昨日は以前職場にいた元同僚の結婚報告の飲み会があって, どうせ次の日の朝は起きれないだろうということで休みを取ったのでございます.

最近は深酒はしないのですが, 案の定10時すぎまで寝ていたので, 記憶は定かでないですが結構飲んだのでしょう. 折角好い天気, 家でぶらぶらしているのも勿体無いですから, 急遽小旅行を計画してみましょうか. 目標は鳴子温泉でございます.

鳴子までの自転車旅はこれで三車種目です. 一番最初のGary Fisher RS-1は, フルサスながらもアルミの堅さとホイルベースのタイトさで結構疲れた記憶があります. 二番目のGT RUCKUS SSは, 鉄フレームでホイルベースもそこそこありましたが, シングルスピードの自転車ではやはり無理があったように思います. どちらもお気に入りな自転車であったのですが中々旅行に気分が向かないのは, 旅に向く自転車としては焦点がずれていたからなのかもしれません.

さて今回のランドナーはというと, 結論からすれば思いの他楽に楽しく旅が出来たように思います. ギア比が足に合っているのでテンポも掴みやすいということもあるでしょうが, 極端な軽量化とも無縁の車体は漕ぎ始めはちょっと重いものの, ちょっとした風にあおられてもペースは変らないし, 鉄ならではのソフトな乗り心地はストレス無く走れた事が大きいのではと思います. やはりこういった旅はランドナーがベストだと改めて思った次第です. .

70年代のアメリカンロックを聴きながら走っていると, 中々これが合うので思わずにやけてしまいます. 彼の国ではバイクでルート66をというイメージでしょうが, 機械のエンジンでゆったりとというのは, 北海道くらいのスケールじゃないと日本では難しいかもしれません.

急ぐ旅でもないしと, 超絶スローテンポで走っておりましたが, 小腹も空いて来たところで岩出山の街に入りました. 岩出山であればいろは食堂というラーメン屋が美味しいという話を聞いていましたので, そこで昼食を取ることにしました. ところが, 横道に入った所にあって暖簾も出していない同店を探すのはちょっと苦労. 期せずして城下町のプチ散策状態となり, ぐるぐる回ってどうやらそれらしいところへ到着しました. しかし裏から入ったらようで, 表へ回ってやっと店内へ入るというおまけ付きで入店したのでございます.

100604-2.jpg
普通に分んないって(笑)もうお店も終わりの時刻だったらしく閑散としていたというのもあるが, ちょっと風情の好い田舎の蕎麦屋みたいな雰囲気.

100604-1.jpg
特製いろはラーメン(900円)細麺とチャーシューが特徴あるラーメンでおいしゅうございました.

100604-3.jpg
暖簾は出さないけれど, 終了の看板はしっかりと出したところで記念撮影(写真は全て携帯電話のカメラ)

この後, あ・ら・伊達な道の駅 でしっかりデザートのROYCE'のソフトクリームを食したら, 鳴子まで走る気力がすっかりなくなりました. 無理して目的地までという根性系の思想は毛頭ありませんので, 自転車を置いて列車で鳴子まで行って一っ風呂浴びる選択をしたのでございます.

結局, この日は往復104km 平均時速14.8km/hという結果になりました.
テストの結果浮かび上がった問題点としては,
・ サドルの形状が根本的に身体に合わないので長距離は厳しい
・ メッセンジャーバッグは肩がこる
・ 照明(バッテリー)の不具合(段差を飛び越える度に切れるのを直したい)
・ 輪行をどうするか(アルプス仕様にするかどうか)
・ 撮影中心の場合の機材の収納方法(この日は入浴セットしか持ち歩かなかったが)

逆にFixされたものとしては,
・ ペダルは三ヶ島のプロムナードが思いの外使いやすいのでこれで決定
・ ギア比もこれで決定

裏日本プチ縦断までもうちょっと試行錯誤が必要なようです.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。