So-net無料ブログ作成
検索選択

テストも兼ねて第一弾 [小阿房自転車の旅]

後ろの変速機とフロントアウターリングを替えたので, まずは往復30km位の距離でテストしてみようと思い立ったが吉日なのでございます.

往復30km程度と一口に言っても, 松島, 村田, 秋保, 定義, 作並等々, 温泉地, 名所・旧跡の類が, 意外に点在しているのが我が街仙台でございます. 非力な上に疲れたら楽したいのが横着者=自分であります. となれば, 元気のあるうちに山に登って, 帰りは下り坂というのが好ましい訳で, 最近三角揚げも食べていないし… という事で, 定義に行ってみることにしてみました.

まずは朝7時に家を出発, 旧道を折立方面に向けて走り始めました. 意外にサンデードライバーならぬサンデーサイクリストが多いのにはびっくりしました. 皆さん気合入れたサイクルジャージを着込んでいるので, メッセンジャーバッグにキャリアに何もつけていないランドナーで普段着姿で走っている自分などはどちらかというと近所のコンビニに買い物に行く一般人にしか見えないことでしょう. だが, これがいい. 汗をかきながら必死に走るなんての文系男子らしくないのでごめん蒙りたい訳であります. 折立からこれも旧道に入ってぶらり旅. そう言えばここのおにぎり屋さんが美味しいと言う話だったな?とか, ここのコンビニも潰れたかとか, 色々思いを馳せつつ, ノンビリと走ります. バイパスと合流し, ちょっと行ったところのコンビニではバイカーが食料を買い込んでこれから出掛けるところのようで, 朝の街道沿いなんてあまり走ったことはありませんので, ちょっと新鮮な風景に遭遇してお得な気分になったのでございます. 熊ヶ根の橋を越える辺りでちょっと撮り鉄用のロケハンをしつつ街道から離れると, いよいよ車通りも少なくライムグリーンの風景が広がります. へぇ, ここまだ藤の花が咲いているんだなどと, ちょっとした事に一々感動しつつ, 大倉ダムの方へ向かいます. 赤坂からの合流地点では, こんなところにソフトクリーム屋なんてあったっけ?帰りに寄ってみようと勝手に決定します. 気分が変わって違う道を行けば, 恐らく二度と寄ることはないのでしょうけれど. ダムの横を進むと某所で紹介された廃道 の入り口が見えたので, 興味本位で入ってみます. が, 5分で退散. やはりこういった道はランドナーで行くのは厳しいようです. 何だかんだで定義に到着, この時点で3時間半という超絶スロースピードでの到着となりました. 寺の前は典型的な門前仲町の雰囲気ですが, 何も付けないランドナーは地味すぎて場違いな気もします. 矢張り旅には旅の装いというもの必要だなぁと思いました. フロントバッグが良いかサドルバッグが良いかはこれからの検討課題としたいと思います.

帰りは下り坂オンリーなので, 想定通りに体力がなくなった身には丁度良い感じで走ります. 行きに目を付けていたソフトクリーム屋は, なんでも宮城の銘酒「浦霞」の酒粕を使ったソフトが自慢のようです. 何故こんなところで?と思いましたが, ここのご主人, わざわざ「浦霞」の蔵元のある塩竈から来ているとのこと. 同様に松島にも同様にお店を出しているとのことでした. こんなところで次の予定が決定してしまいそうです(笑).

結局, この日は往復65km 平均時速14.3km/hという結果になりました. 問題らしい問題は発生しなかったですが, 変速機のトップ側のアジャスターのネジがギリギリということで, 何かスペーサーをかまさないとちょっと具合が悪いかな?という点が気になった位でこの日のテストは終えたのでございます.

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。